アムレットさんの活動報告日記~ブログの章~

基本的にツイッターにいますがそこで書ききれないような事をここに書きたいなって思ってます

今期見てるアニメについて

はいどーも皆さん10月はどんなアニメを見てますか?

 

今回は僕が今期見ているアニメを紹介しようと思います。

 

・アサルトリリィ BOUQUET

 

この作品はアゾンインターナショナルとacusによる共同企画により生み出された作品です、それをブシロード社協力の元舞台やらアニメなど幅広くメディア展開がなされている作品です。(ブシロードによる協力以前にも一柳隊、出撃しますやアサルトリリィアームズなどの外電作品も展開されたり私立ルドビコ女学園の舞台などの展開がなされている)

 

ヒュージと呼ばれる未知の敵に対し人類が唯一対抗できる武器「CHARM」そしてこれを扱うことができる少女たち「リリィ」との戦いを描く作品です

 

ぶっちゃけていうと今期で一番期待している作品です。

 

武器+少女という設定だけでも個人的に好みなのですが、それ以外にも非常に美しい戦闘シーンや少女たちのそれぞれに葛藤によって作られる人間ドラマ…またしっかりと考え込まれた世界観などの描写…これは僕個人の好きな要素を盛り込んでいるってのもありますがそれ以上にすごくいい作品になるって思わせてくれるような作品です!

 

 

 

PV


TVアニメ「アサルトリリィBOUQUET(ブーケ)」PV(プロモーションCM付き)

 

OP


TVアニメ「アサルトリリィBOUQUET(ブーケ)」オープニング映像

 

ED


TVアニメ「アサルトリリィBOUQUET(ブーケ)」#1エンディング映像

 

 

ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

 

ラブライブ!の三作品目で今作はいままでとは違いユニットというよりは個人で頑張っているといった感じです。

 

個人的には前作とは違い明確に違うこと、異なる物語にしようといった心意気みたいなものが感じられて今のところは期待値が高いです。

 

三話で「ラブライブに出なくてもいい」と明確に言ったのでここから物語がどう動くか全く見当がつかないというのも期待できるところです!

 

あと純粋にキャラが可愛いのもプラスです!個人的に虹はせつ菜と果林ちゃんが特に気に入ってます!(ぶっちゃけると侑ちゃん含めた全員が好きですが)

 

PV


TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」PV ロングVer.

 

 

ストライクウィッチーズ

 

2007年から放送されているテレビアニメの3期目です。

 

ウィッチと呼ばれる少女たちがネウロイと呼ばれる未知の敵と戦う…ここだけ聞くと上記に紹介したアサルトリリィと被りますが、こちらは現実に存在していたエースパイロットをモチーフにした人物にしたりとミリタリー的な面も兼ね備えております。

 

PV


TVアニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」PV第2弾

 

ご注文はうさぎですか?

 

ごちうさでお馴染みの本作、今期の癒し枠ってことで相変わらずかわいいキャラたちがおくる普通の日常の描写が本作最大に魅力となっております。

 

相変わらず肩の力を抜いて見れそうな作品です。

 

PV


TVアニメ第3期『ご注文はうさぎですか? BLOOM』放送直前PV

 

OP


『ご注文はうさぎですか? BLOOM』ノンクレジットOP

 

ED


『ご注文はうさぎですか? BLOOM』ノンクレジットED

 

とまぁこんな感じです。今期はこの4作を見ていきたいと思っています!

ラピスリライツ 総合感想

今回は先日に放送されたラピスリライツ(以下ラピライ)の最終回を視聴したので、感想を書きたいと思います。

 

まずは12話の感想から書かせていただきますと、おおよその展開は5ユニットがライブして最後に主人公たちがライブして、その功績で復学するんだろうな…とは予想というか公式のサイトのあらすじ見てわかっていたのですが、いざ見ると予測外の展開もあって最後まで見入ってしまいました。

 

特に中盤にティアラが倒れた時には冗談抜きで「え?ティアラ死ぬの?」って思いヒヤヒヤしました。

 

ラピライは一話からキャラに白目むかせたりとハイライト消したりとそういうネタを使っていましたが、今回のティアラは目が大きく見開かれてたので本当にビクッとしました。

 

そして明かされる真実…ティアラの姉、エリザは妹を救うために自分の声を犠牲にしていた事…

 

 

 

 

本編では数年前にアンジェリカことあんじぇの背が大きくなったあたりで解散したとされていて、当時僕はもしかしたら隠された理由あるんじゃね?と予想していましたがまさか大当たりでした。

 

ちなみに他にも「実は魔女になりオルケストラをやると命を吸われるんじゃね?」という予測を立てていましたがさすがにそこまでヤベー設定はなかったようです。

 

そしてティアラは再び魔女になる決意をする…仲間たちとともに

 

 

・まとめ

 

 

呟きに書かれているように最初はざいちゃんが出てるからという理由から見ており、キャラに関してもキャストに関しても全くの無知、わからないという状態から見ました。

 

しかし1話、1話で丁寧にキャラを描いてくれた結果気づけばキャラに関する理解はかなり深くなっていました。

 

物語全体に関しても退学危機や町に魔獣が襲ってくるというような深刻な事態ながらも暗くなりすぎない演出の調整などもよかったです!

 

作画もきれいでしたがそれ以上に丁寧にキャラを書いたり小ネタを挟んだりしてそこもよかったです!

 

僕自身作画よりもそのあたり、細かなキャラを動きをちゃんと描けるかってのを大事にしているので評価高かったです!

 

ちなみになんですが僕、このアニメを複数のサービスで見ており

 

土曜日のアベマ放送で最新回視聴

日曜日にニコニコ動画で最新回の一話前の回視聴

火曜日にDアニメで再び最新回視聴

 

というように複数回見ることができたってのもこの作品と僕にとって運がよかったことなんじゃないかなって思っています。

 

 

 

www.youtube.com

 

アニメは終わってしまい、毎週土曜日の楽しみがなくなってしまうのは寂しいですが、それでもまだ新曲を出したり、ライブの開催が予定されていたりとしていますのでそれらを楽しみにしていきたいなって思います!

 

そして願わくば、彼女たちのその物語の続きが見れますように…

 

 

 

 

 

 

 

・余談

 

ここからは余談なんですが、2年位前にも同じようにキャスト繋がりで興味を持ってそこからすごくはまったなんて事もありましたし歴史は繰り返すということなんですかね…?(笑)

 

そういえば今年の一月にも、とある映画を見てすごく引き込まれたなんてこともありましたし。

 

amuletdiary.hatenablog.jp

 

amuletdiary.hatenablog.jp

 

amuletdiary.hatenablog.jp

IDOLYPRIDEについて自分なりに考えた件

はいどーも、今回はというか今回もIDOLYPRIDEって作品に関しての記事です。

 

このIDOLYPRIDEって作品、一応気になるかなって人はいるかもしれないですけど、その大半ってtrysailかスフィアのファンじゃないかって思っています。

 

YouTuberに上がっている各楽曲見ても

 

Trinityaile 10万回

 

www.youtube.com

 

LizNoir 4.7万回

 

www.youtube.com

 

星見プロ 3.8万回

 

www.youtube.com

 

となってるんですよね(8月29日時点)

 

これ見ればわかるんですが大半のファンは現時点ではtrysailかスフィアが関与してるから見てるって人なんですよね

 

ちなみになんですが…

 


f:id:amulet0613:20200830155647j:image

 


f:id:amulet0613:20200830155655j:image

 


f:id:amulet0613:20200830155718j:image

 

えーと…

 

私もそうです(核爆)

 

今回オンリーショップにお邪魔しましたが購入した商品の大半はtrinityaile絡みでした。

 

amuletdiary.hatenablog.jp

 

真面目な話すると新規の作品で割けるリソース(資金)が限られその上でtrysail繋がりで興味を持った以上こうなるって話なんですよね。

 

とまぁ以前にも似たような記事を書いたんですがこのIDOLYPRIDEがどうしたらいいかなって事をアニメという観点から私の経験とかも元に語っていければなって思います。

 

・今の状況

 

まずはまぁ今のIDOLYPRIDEを取り巻く状況を整理していきたいなって思います。

 

アニメ化が来年冬に決定している

何度かの生放送を実行済み

 ファンサイトが開設される(された)

本来なら5月にライブをする予定だったが中止になった

 

だいたいこんな感じだと思います。

 

恐らくですが5月に開催されるライブでTrySailやスフィアのファンをこの作品に取り込むかそこまではいかなくても興味を持たせるきっかけを作ろうとしていたのかもしれないですが、これも頓挫しておりいまいち盛り上がりにかけている状況なのかもしれません。

 

この状況を打開するための一つとして「アニメ」にスポットを当てたいです。

 

これ持論なんですがアニメが面白ければ必然的にSNSとかで拡散されて少し興味を持った人が見てファンになり、リアルライブやキャストに関しても興味を持ってくれるって言う私なりですが自論があります。

 

 

 

・どんなアニメにするのか?

 

これに関してはとにかく丁寧に作る必要があります。具体的にはキャラの可愛い所だけじゃなく悩みや人間関係のぶつかりあいなどもしっかりと書くこと。

 

後キャラの心情に合わせた演出も行ったりして、物語や人間性にも深みを持たせること。この際に後の展開への伏線とか最新話を見た後に過去話を見ると新たな発見があるとかするとなおよきかも。

 

あと作画に関して 良いことです。どんなに話が良くても作画が悪いとそこをネタにしてくる層は一定数います。逆に作画がいいとそこに惹かれる人も出てくるはずです。

 

・放送形態とかは?

 

出きればですが地上波最速とabramTVの配信タイミングを同時にするといいかもしれません。

 

この作品は過去にabemaでキャスト出演の放送を展開しているのでこれは十分にアリだと思われます。

 

他にも話のターニングポイントになる回の前に一挙放送をする、またはYouTubeで期間限定の配信をするなどすれば途中から見た!みたいな人も受け入れられるんじゃないかなって私は考えます。

 

或いは今、立ち上げが予定されているIDOLYPRIDEファンサイト、これを上手く使うのもアリだと考えます。

 

どんな使い方をするかは公式スタッフ側の采配次第ですが…

 

 

 

・おまけ

 

こっからはIDOLYPRIDEとはまったく関係ない話をするのですが、今僕はあるアニメにはまっています。

 

それは「ラピスリライツ」という作品です。

 

ラピスリライツについて少し解説すると「魔法×アイドル」というコンセプトにマルチに展開している作品でアニメが今季7月から放送しています。

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

その作品は最初は「安齋由香里」という声優が出演しているという理由から見たのですが、正直言えば見始めた当初は彼女が演じる主人公以外のキャラや登場するユニットの知識はまったくといっていいほど皆無でした。

 

いうなればIDOLYPRIDEにおけるtrinityaileのポジションとも言える存在でした。彼女の存在は。

 

ですがアニメを見ていく内に世界観やキャラ、劇中でのライブなどに引き込まれて今では毎週楽しみな作品となっています。

 

www.youtube.com

 

キャラやユニットに関しても前述の通り、最初は全然でしたが徐々にですが自然と覚えられました!

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

この作品もアニメ化以前に様々な企画をやっていたみたいなんですが僕が本格的に興味を持ったのはアニメ化以降でした。

 

www.youtube.com

 

つまり純粋にアニメの出来だけで一人の人間をここまでのファンにしたて上げたわけなんですよね。

 

とまぁこんな感じに僕自信の経験からこうやって僕なりの自論を書きました。

 

ちなみにアニメのターニングポイント回の前に一挙か無料配信というのは一挙は「ラピスリライツ」が9話前にやったこと、無料配信は「少女歌劇レヴュースタァライト」の7話前でやっていたでそちらを参考にしました。

 

ラピスリライツIDOLYPRIDEもアニメやゲーム、ライブなどで僕やなんらかの繋がりで興味を持ってくれた人たちを楽しませてくれるようなコンテンツになってくれる事を期待します!

 

IDOLYPRIDEオンリーショップ大阪にいった件

はいどーも、今回はIDOLYPRIDEのオンリーショップがアニメイト大阪日本橋で開催されるということなのでそちらに行ってきました!

 



 


f:id:amulet0613:20200830160839j:image

 


f:id:amulet0613:20200830160856j:image

 


f:id:amulet0613:20200830160912j:image

 


f:id:amulet0613:20200830161049j:image

 


f:id:amulet0613:20200830161105j:image

 


f:id:amulet0613:20200830161124j:image

 


f:id:amulet0613:20200830161156j:image

 

このようにオンリーショップにはtrinityaileの三人と長瀬麻奈ちゃんのスタンドがありました!

 

他にも各キャラのデータを示すものありそれぞれのキャラの特徴がわかりました。(私服のすみれちゃん可愛いよすみれちゃん)

 



 

他にも人物相関図やそれぞれが通っている学校、部屋の設定集などあり見ごたえがありました。

 

私が来たのは日曜の昼過ぎで私が来たときは他の客が一人もいずに後に少し来たりしましたがちょっと見て帰る…みたいな人がチラチラ来るくらいでした。

 

とまぁ大雑把ですが今回のIDOLYPRIDE大阪オンリーショップのレポートを終了とします。

 

今晩にも生放送があるみたいですので、そちらも含めこの作品が今後どうなっていくのか楽しみです!

 

 

 

 

 

ビルドダイバーズリライズ 総合感想

ガンダムビルドダイバーズリライズの最終回を見たので一期、二期を含めた総合感想を書いていきたいと思います。

 

ちなみに今回は一期、二期(放送延期前)、二期(放送延期後)と分けます

 

・一期

ぶっちゃけるとあんまり印象に残ってる回とはなかったです。

 

キャラに関しては主人公であるヒロトはいまいち感情移入できず、カザミは好き勝手にやってるから鬱陶しいとすら感じました。

 

話も敵の目的やらが全然わからず、なんで戦っているのかとかも理解できずに正直面白いとは思えませんでした。

 

・二期(放送延期前)

これは14話目から18話目まで対象になります。

 

ここも、あんまり面白いとは思えてたかと言われたらあまりそうではなかったです。

 

しかし、後半戦だし色々と主人公やら敵やらについてわかってくるだろうなとは思っていました。

 

 

 

・二期(放送延期後)

こちらは19話目から最終話までが対象です。

 

ぶっちゃけこっから評価がかなり上がりました。これまで感情移入できなかったヒロトでしたが過去にイヴというELダイバーと出会っており、イヴを消さなければならなかったこと。前作との繋がりなどがありキャラとしての株は急上昇しました。

 

他のキャラに関しても悩みなどを乗り越えたりして明確に成長した姿を見れて良かったです。

 

特にカザミに関しては一期の時の悪印象を完全に払拭しました。

 

ゼルドザーム戦などを初めこのタイミングになるとひたすらに暑くて暑くて見要りました。

 

後途中から出てきたアルス陣営の敵枠として出てきたνガンダムアルケーガンダムターンX…それぞれ

 

・本来の役割から逸脱したもの(正確には中の人ネタ)

・そのものに使えるもの

・星を守るもの

 

という接点があったみたいで、それを聞いた時には「おおっ」となりました。

 

後々最後に主人公たちの合体ロボット!これはロマンでしたわぁ…(語彙力)

 

そして最終決戦が終わった後にただ敵であるアルスを倒すのではなく救おうとした所、かつてヒロトは自分の大切な人を救えなかった…だからこそ敵でも救おうとした。

 

これはある意味この作品のテーマの「救う」という事だったんじゃないかなって思います。

 

 

 

・過去作キャラ

 

 

今作は前作から二年後を舞台としていたため気になっていたのは「前作キャラは出るのか?またどんな風に絡むのか?」というものでした。

 

前半のほうでマギーさんは比較的早めに出てきましたが、本格的に出るようになったのは23話あたりでした。

 

それは要塞攻略ミッションのシュミレーションをするための練習相手というポジションでした。

 

そして前作メンバーと戦い、親交を深めつつアドバイスをもらいミッション成功のためのヒントをもらっていく…

 

また今作主要各キャラが前作キャラとなんらかの因縁、というか関係がありました。

 

ヒロト:ELダイバー関係である人物と対極の位置にいた、そして前作に登場してたグループに所属していた

 

カザミ:憧れていた人(キャプテンジオン)の正体が…

 

パル:前作キャラに近親者がいた

 

メイ:実はELダイバー

 

などなどでした。

 

ヒロトとリク、対極の立場にいた二人でヒロトはリクに憎しみにも似たわだかまりを持っていましたが演習後に互いの事情を知り、その上で手を取り合う展開…お約束かもしれないですが良かったです。

 

そして最終決戦…そこでは前作メンバーだけじゃなくて今作で出てたメンバーも総集結!

 

なにやら他の人のツイートを見ると、1話冒頭で出てたジム・スナイパーとアレックスも参戦してたみたいで「細かい!」と感嘆しました。

 

他にもマスターガンダムやらGNドライヴ六個着けたメッサーラ←!?!?!?!?!?などなどかなり色々な機体が出てたみたいです。

 

まじでオールスターでした。

 

 

・まとめ

 

「終わり良ければ全てよし」なんてことわざがありますがリライズはまさにその言葉通りの展開だったと思いました。

 

一期とかの記憶がかなり曖昧でしたのでまたしっかりと見直したいと思います。

 

バドローグと呼ばれる前作でも作られたショートストーリーがダイバーズでも制作決定されたのでこちらも楽しみです!

 

後…ビルドシリーズもいいけどそろそろ新作で宇宙世紀でもアナザーでも純正ガンダムも見たいなぁ…(小声)